fc2ブログ

2023-12

イスラエル・ドリュオン当て書簡二通抜粋

イスラエル・ドリュオン当て書簡二通抜粋(渡辺哲夫 訳 2007)
Auszüge aus zwei Briefen an Yisrael Doryon (1938)

 フロイトが緒言を書いた『リュンコイスの新国家』の著者イスラエル・ドリュオンからの質問に対する、返答の書簡二通からの抜粋。『モーセという男と一神教』におけるモーセの出自についての仮説に、ヨーゼフ・ポッパー­=リュンコイスの著作『ある現実主義者の空想』が影響を及ぼしたか否かという問題。

 独創的なアイデアが、本当にその人の独創であったかという、これまでにも何度も出てきた問いである。仮にフロイトの考えの重要な部分が先人のパクリであったとしても、それを説得力のある形に構築して提示したのは彼の業績であり、それこそが重要なことであろう。
2007.9.16

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shigemoto.blog105.fc2.com/tb.php/114-6acd7c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

Author:重元 寛人
重元寛人です。本名は佐藤寛といいます。
フロイト全集の読解を再開いたします。よろしく。


facebookページ

リンク

フロイト研究会フロイト研究会

さとうメンタルクリニックさとうメンタルクリニック

クリニック開業への道のりクリニック開業への道のり


X-day

ブログ内検索

RSSフィード