FC2ブログ

2018-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J・M・シャルコー著『サルペトリエール火曜講義(1887-88)』翻訳への注解抜粋

J・M・シャルコー著『サルペトリエール火曜講義(1887-88)』翻訳への注解抜粋(兼本浩祐 訳 2009)
Auszüge aus Freuds Anmerkungen zu seiner Übersetzung von Charcots Leçons du mardi (1892-4)

 シャルコーの講義録のドイツ語訳に訳者のフロイトがつけた注釈から、ヒステリーなど精神医学に関連した部分を抜粋したもの。ここに掲載されていない神経学的な注釈もたくさんあり、それらの多くはシャルコーの見解に批判的なものであったという。尊敬する師のことであっても歯に衣着せずに批判してしまうフロイトってなんだかすごい。

 ヒステリー関連の注釈では、ヒステリー発作の中核が外傷の想起であるというフロイト自身の考えを、『ヒステリー研究』(1895)に先立って披露しているところなどがおもしろい。
H21.11.26

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shigemoto.blog105.fc2.com/tb.php/142-3fe61bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

Author:重元 寛人
重元寛人です。本名は佐藤寛といいます。
フロイト全集の読解を再開いたします。よろしく。


facebookページ

リンク

フロイト研究会フロイト研究会

さとうメンタルクリニックさとうメンタルクリニック

クリニック開業への道のりクリニック開業への道のり


X-day

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。