FC2ブログ

2021-04

講演「催眠と暗示について」についての報告

講演「催眠と暗示について」についての報告(兼本浩祐 訳 2009)
Bericht über einen Vortrag >Über Hypnose und Suggestion< (1892)

 フロイトが、1892年の4月27日と5月4日の2回にわたってウィーン医学クラブで行った講演の報告。フロイト自身が書いたものではなく要約もされているので、比喩とユーモアに満ちたいつもの文体は楽しめない。内容的には、『心的治療』などと重なるようだ。
 ナンシー学派のベルネームやリエボーに対するフロイト自身の立場は微妙なのか、曖昧な表現になっている。
H21.12.2

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shigemoto.blog105.fc2.com/tb.php/143-d7a3ce96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

Author:重元 寛人
重元寛人です。本名は佐藤寛といいます。
フロイト全集の読解を再開いたします。よろしく。


facebookページ

リンク

フロイト研究会フロイト研究会

さとうメンタルクリニックさとうメンタルクリニック

クリニック開業への道のりクリニック開業への道のり


X-day

ブログ内検索

RSSフィード