2018-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘブライ語版『トーテムとタブー』への序文

ヘブライ語版『トーテムとタブー』への序文 (嶺秀樹 訳 2011)
Vorrede zur hebräishcen Ausgabe von "Totem und Tabu". Jerusalem, verlag Stybel, im Ershceinen (1930)

数あるフロイトの著作の中から、『精神分析入門講義』と共に『トーテムとタブー』がヘブライ語訳の対象として選ばれたことは興味深い。著者自身の意向もあったのだろうか。

著者は聖なる言語を理解せず、父祖の宗教にも――他のあらゆる宗教に対してと同様に――全く疎遠になっており、民族主義の理想に与しえず、それでもなお、自らの民族への帰属性を否認したことはついぞなく、また自分の特性はユダヤ的であると感じており、これを違ったふうに感じたいと願うこともない。(20-203)



ここで言う「ユダヤ的」なるもの何なのかを明確に述べることはできないようである。
ヒントは著作自体にあるのかもしれない。宗教や道徳の起源を論じる本書は、反宗教的な内容ともいえるだろう。宗教をも相対化して真理を追究する情熱的な姿勢というところに、ユダヤ的なるものが関係しているのかもしれない。
2014.12.22

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shigemoto.blog105.fc2.com/tb.php/231-3ed5c404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

Author:重元 寛人
重元寛人です。本名は佐藤寛といいます。
フロイト全集の読解を再開いたします。よろしく。


facebookページ

リンク

フロイト研究会フロイト研究会

さとうメンタルクリニックさとうメンタルクリニック

クリニック開業への道のりクリニック開業への道のり


X-day

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。