2018-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の獲得について

火の獲得について(高田珠樹 訳 2011) 
Zur Gewinnung des Feuers (1932)

   本巻収録の 「文化における居心地悪さ」の脚注にある、原始人が火を獲得した経緯の推測について、その後の批判と議論を踏まえてフロイト自身の考えを補足的に述べたものである。 

 文化文明の発展において、火の獲得と利用は大きな出来事であったに違いない。前提としてフロイトが仮定するのは、原始人は最初自然において生じた火を持ち帰って維持し利用したのであって、自分で火を起こす技術を得たのは後になってからだろうということだ。

 この「自然の火を持ち帰る」という出来事について、ギリシャ神話のプロメテウスの逸話を分析し再構成している。
 神話はもちろん作り話であるが、そこには実際の出来事や人々の願望が投影され、込められているものと想像される。

 プロメテウスは神々から火を盗み出して人間にもたらすのだが、その際に火を巨茴香(おおういきょう)の茎に隠すのである。
 「巨茴香の茎」はペニスを象徴するものと解釈される。ペニスの中にあるものは尿=水である。そこで、火と水という対立がテーマとして出てくる。

 燃え上がる炎は、屹立するファルスや性的な興奮をあらわす。それを鎮めるのが水である。性的に興奮したペニスと排尿とは相いれない、ということもこの対比と並行している。

 自然に見つけた火を自らの小水で消そうとすることは、原始人にとって同性愛的な快に満ちた行為だった。この快を断念した時にはじめて火を持ち帰って利用するという道が開けた、というのがフロイトの推測である。

 人間に火をもたらしたプロメテウスは、その罪により鎖につながれハゲワシによって毎日肝臓を食われる刑にあう。この罰にも性的な意味合いが込められている。と同時に、食われた肝臓がその都度再生されるとういうところに情欲の不壊が表現されており、欲動を断念した原始人にとっての慰めとなったのであろう。
2018.2.18

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shigemoto.blog105.fc2.com/tb.php/236-0e2c7deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

Author:重元 寛人
重元寛人です。本名は佐藤寛といいます。
フロイト全集の読解を再開いたします。よろしく。


facebookページ

リンク

フロイト研究会フロイト研究会

さとうメンタルクリニックさとうメンタルクリニック

クリニック開業への道のりクリニック開業への道のり


X-day

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。