FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プシボール市長宛書簡抜粋

プシボール市長宛書簡抜粋(高田珠樹 訳 2011)
Brief an den Bürgermeister der Stadt Přibor (1931)

 モラヴィアのフライブルク市にあるフロイトの生家にブロンズ製の銘板が掲げられた式典での挨拶。フロイトは出席できなかったが市長宛の手紙を娘のアンナ・フロイトが読み上げた。

私の奥深くに埋もれながら、あのフライベルクの幸福な子供は、今なお生き続けています。(20-251)

 フロイトは3歳でフライブルクの町を去り、16歳の時に休暇で過ごして以来この地を訪れることはなかったという。彼の著作の中でも、精神分析の理論においても、幸福な幼少期への憧憬というのはたびたび話題になるところだ。

 現在この生家は「プシボール市のフロイト博物館」として観光名所となっている。

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shigemoto.blog105.fc2.com/tb.php/239-32b32a78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

Author:重元 寛人
重元寛人です。本名は佐藤寛といいます。
フロイト全集の読解を再開いたします。よろしく。


facebookページ

リンク

フロイト研究会フロイト研究会

さとうメンタルクリニックさとうメンタルクリニック

クリニック開業への道のりクリニック開業への道のり


X-day

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。