2018-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌『ル・ディスク・ヴェール』への寄稿

雑誌『ル・ディスク・ヴェール』への寄稿(家高洋 訳 2007)
Zuschrift vom 26. Februar 1924 an die Zeitschrift Le Disque Vert in Paris und Bruxelles für ihr Sonderheft "Freud et la Psychanalyse" (GW13-446)


雑誌『ル・ディスク・ヴェール』への寄稿 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

フェレンツィ・シャーンドル博士(五十歳の誕生日に)

フェレンツィ・シャーンドル博士(五十歳の誕生日に)(家高洋 訳 2007)
Dr. Ferenczi Sándor (Zum 50. Geburtstag) (1923)


フェレンツィ・シャーンドル博士(五十歳の誕生日に) »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

M・アイティンゴン著『ベルリン精神分析診療所に関する報告』への序言

M・アイティンゴン著『ベルリン精神分析診療所に関する報告』への序言(本間直樹訳 2007)
Vorwort zu M.Eitingon. Bericht über die Berliner psychoanalytische Poliklinik (1923)


M・アイティンゴン著『ベルリン精神分析診療所に関する報告』への序言 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

フリッツ・ヴィッテルス宛書簡

フリッツ・ヴィッテルス宛書簡(本間直樹 訳 2007)
Brief an Fritz Wittels (1923)


フリッツ・ヴィッテルス宛書簡 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

ルイス・ロペス=バイェステロス・イ・デ・トッレス宛書簡

ルイス・ロペス=バイェステロス・イ・デ・トッレス宛書簡(本間直樹 訳 2007)
Brief vom 7. Mai 1923 über die spanische Ausgabe an den Übersetzer Luis López-Ballesteros y de Torres, eröffentlicht in Band IV der "Obras Completas del Profesor S. Freud", Biblioteca Nueva, Madrid 1923 (1923)


ルイス・ロペス=バイェステロス・イ・デ・トッレス宛書簡 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

精神分析梗概

精神分析梗概(全集18-245 本間直樹訳 2007)
Kurzer Abriß der Psychoanalyse (1923)


精神分析梗概 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

神経症と精神病

神経症と精神病(全集18-239 吉田耕太郎訳 2007)
Neurose und Psychose (1923)


神経症と精神病 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

幼児期の性器的編成(性理論に関する追加)

幼児期の性器的編成(性理論に関する追加)(本間直樹 訳 2007)
Die infantile Genitalorganisation (Eine Einschaltung in die Sexualtheorie) (1923)


幼児期の性器的編成(性理論に関する追加) »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

十七世紀のある悪魔神経症

十七世紀のある悪魔神経症(吉田耕太郎 訳 2007)
Eine Teufelsneurose im siebzehnten Jahrhundert (1922)



十七世紀のある悪魔神経症 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

夢解釈の理論と実践についての見解

夢解釈の理論と実践についての見解(三谷研爾・吉田耕太郎 訳 2007)
Bemerkungen zur Theorie und Praxis der Traumdeutung (1922)


夢解釈の理論と実践についての見解 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

「精神分析」と「リビード理論」

「精神分析」と「リビード理論」(本間直樹 訳 2007)
"Psychoanalyse" und "Libidotheorie" (1922)


「精神分析」と「リビード理論」 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

『みずからを語る』その後――1935年

『みずからを語る』その後――1935年(家高洋 訳 2007)
Nachschrift 1935 zur "Selbstdarstellung " (1935)


『みずからを語る』その後――1935年 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

『みずからを語る』補筆

『みずからを語る』補筆 (家高洋訳 2007)
Ergänzungen zur Selbstdarstellung (1935)


『みずからを語る』補筆 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

みずからを語る

みずからを語る(家高洋・三谷研爾訳 2007)
Selbstdarstellung (1925)


みずからを語る »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

自我とエス

自我とエス(道籏泰三訳 2007)
Das Ich und das Es (1923)


自我とエス »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

フロイト全集第18巻を読む

 第22巻の読解が終わって、いよいよブログでは4冊目になる第18巻に突入だ。これは、最初に読んだ第17巻に続く1922年から1924年の時期の論文を集めている。後期構造理論が完成をみた重要な論文「自我とエス」と、フロイト自身が自らの著作の歩みを振り返りつつ解説した「みずからを語る」。これら2つの他にも、「十七世紀のある悪魔神経症」、「マゾヒズムの経済的問題」、「エディプスコンプレクスの没落」、「神経症および精神病における現実喪失」、「「不思議のメモ帳」についての覚え書き」など、小粒だが重要な諸論文を収録している。後期の理論的発展のピークであった時期といってよいだろう。

 それでは、はじめよう。まずは「自我とエス」。
2007.9.20

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

メドゥーサの首

メドゥーサの首(須藤訓任 訳 2006)
Das Medusenhaupt (1922)

メドゥーサの首 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

レーモン・ド・ソシュール著『精神分析の方法』へのはしがき

レーモン・ド・ソシュール著『精神分析の方法』へのはしがき(須藤訓任 訳 2006)
Geleitwort zu Raymond de Saussure, La méthode psychoanalytique (1922)

レーモン・ド・ソシュール著『精神分析の方法』へのはしがき »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

無意識についてひとこと

無意識についてひとこと(須藤訓任 訳 2006)
Etwas vom Unbewußten (1922)

無意識についてひとこと »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

懸賞論文募集

懸賞論文募集(須藤訓任 訳 2006)
Preisausschreibung (1922)

懸賞論文募集 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

賞授与

賞授与(須藤訓任 訳 2006)
Preiszuteilungen (1921)

賞授与 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

J・ヴァーレンドンク著『白昼夢の心理学』へのはしがき

J・ヴァーレンドンク著『白昼夢の心理学』へのはしがき(須藤訓任 訳 2006)
Geleitwort zu J. Varendonck "Über das Vorbewußte phantasierende Denken"(1921)

J・ヴァーレンドンク著『白昼夢の心理学』へのはしがき »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

ヨーゼフ・ポッパー=リュンコイスと夢の理論

ヨーゼフ・ポッパー=リュンコイスと夢の理論(須藤訓任 訳 2006)
Josef Popper-Lynkeus und die Theorie des Traumes(1923)

ヨーゼフ・ポッパー=リュンコイスと夢の理論 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

嫉妬、パラノイア、同性愛に見られる若干の神経症的機制について

嫉妬、パラノイア、同性愛に見られる若干の神経症的機制について(須藤訓任 訳 2006)
Über einige neurotische Mechanismen bei Eifersucht, Paranoia und Homosexualität (1922)

嫉妬、パラノイア、同性愛に見られる若干の神経症的機制について »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

夢とテレパシー

夢とテレパシー(須藤訓任 訳 2006)
Traum und Telepathie (1922)

夢とテレパシー »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

精神分析とテレパシー

精神分析とテレパシー(須藤訓任 訳 2006)
Psychoanlyse und Telepathie (1921)


精神分析とテレパシー »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

クラパレード宛書簡抜粋

クラパレード宛書簡抜粋(須藤訓任 訳 2006)
Das Unheimliche (1920)


クラパレード宛書簡抜粋 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

J・J・パットナム著『精神分析論集』への序言

J・J・パットナム著『精神分析論集』への序言(須藤訓任 訳 2006)
Preface to J. J. Putnam's addresses on psycho-analysis (1921)


J・J・パットナム著『精神分析論集』への序言 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

ある四歳児の連想

ある四歳児の連想(藤野寛 訳 2006)
Gedankenassoziation eines vierjährigen Kindes (1920)


ある四歳児の連想 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

アントン・フォン・フロイント博士追悼

アントン・フォン・フロイント博士追悼(須藤訓任 訳 2006)
Dr. Anton v. Freund (1920)


アントン・フォン・フロイント博士追悼 »

テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌

«  | ホーム |  »

カウンター

カテゴリー

最新コメント

プロフィール

Author:重元 寛人
重元寛人です。本名は佐藤寛といいます。
フロイト全集の読解を再開いたします。よろしく。


facebookページ

リンク

フロイト研究会フロイト研究会

さとうメンタルクリニックさとうメンタルクリニック

クリニック開業への道のりクリニック開業への道のり


X-day

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。